設計基準

当社設計基準

当社では、安全な墜落防止手すりを供給するため、法令に加え社内基準を設けております。
ご理解と協力をお願いいたします。

手すりの高さについて

床面もしくは足がかり面より1100mm以上を確保してください

一般的な形状

躰体側面への取付

2段笠木タイプの手すり高さ

トップレール形状(躰体立上り850mm以上)

トップレール形状(躰体立上り650mm以上)

手すりの隙間について

壁際に柱が立つ場合

パネルを壁際に取付ける場合

躰体側面に柱を固定する場合

柱からパネルが持出される場合


横格子(躰体の立上りtが650mm以下)①か②の方法で登れない構成とする

  ①足が入らないよう狭い隙間とする   ②横格子の裏にパネルを設置する

法規・基準類に見る手すり寸法条件

手すりを設計するにあたり、墜落防止としての機能を果たすよう、本ページ資料を参考に設計をお願いします。

高さの条件

・足がかりが無い

・幼児が登れる高さに足がかりがある(t<650mm)

・左記が連続して設けられている(t,t'<650mm)

・幼児がよじ登れない高さに足がかり状の部分がある(t>650mm)

・通常、成人も乗る足がかりがある

環境基準法施行例 第126条 T1:1100mm
公営住宅建設基準 第36条※1 T1:1100mm(屋上は1800mm)
T2:850mm (t≦650mmの時)
都市基盤整備公団
住宅設計要領(中層共同住宅
高層共同住宅)※2
T1:1100mm(竣工後必ず確保する寸法)
  :1200mm(上記寸法を得るために設計上標準的に採用する寸法)
T2:800mm (竣工後必ず確保する寸法)
  :850mm (上記寸法を得るために設計上標準的に採用する寸法)(t≦650mmの時)
(一般財)ベターリビング
墜落防止手すりの評価基準
廊下用
T1:1100mm([腰壁等の高さ] 650mm≦t<1100mmの床上げ面からの寸法)
T2:1100mm([腰壁等の高さ] t<650mmの腰壁等の上端からの寸法)

バルコニー用
T1:1100mm([腰壁等の高さ] 650mm≦t<1100mmの床上げ面からの寸法)
T2:800mm ([腰壁等の高さ] 300mm≦t<650mmの腰壁等の上端からの寸法)
T1:1100mm([腰壁等の高さ] t<300mmの床上げ面からの寸法)

※1:平成8年後、基準名が変わり、平成10年度以降この基準は無くなりました。
※2:平成16年度以降、(独)都市再生機構”部品及び機器の品質基準”に変わり、寸法基準はなくなり”特記による”とのみ記載。

隙間の条件

・手すりに設けられる隙間

・バルコニーなど、
手すり下部の隙間

・バルコニーなど、
手すり下部の躰体側面の隙間

・幼児が登れる高さの窓台、
手すり下部の躰体側面の隙間

公営住宅建設基準 第36条※1 D1:110mm
都市基盤整備公団
住宅設計要領(中層共同住宅
高層共同住宅)※2
D1:120mm(竣工後必ず確保する寸法)
  :110mm(上記寸法を得るために設計上標準的に採用する寸法)
D2:120mm(竣工後必ず確保する寸法)
  :90mm (上記寸法を得るために設計上標準的に採用する寸法)(t≦650mmの時)
(一般財)ベターリビング
墜落防止手すりの評価基準
D1:110mm
D2:90mm

※1:平成8年後、基準名が変わり、平成10年度以降この基準は無くなりました。
※2:平成16年度以降、(独)都市再生機構”部品及び機器の品質基準”に変わり、寸法基準はなくなり”特記による”とのみ記載。

状態図
高さ(mm) ――――― 650以上800~850以上
結果 よじ登れるよじ登れない よじ登っても落ちない

強度基準

工業会が定める共同住宅用アルミ製墜落防止手すりの「基本強度」

区分 水平荷重 設置場所
N/mkgf/m
100型980100バルコニー
廊下(階段前除く)
125型1225125階段※1
廊下(階段前除く)

●適用範囲はRC造またはSRC造を基本に検討しました。
●設計図書等に手すり強度の指定がある場合はそれに基づき、ない場合は発注者・設計者・メーカー等の協議により上記「基本強度」以上とします。
●人の動作以外の力が想定される場合は、発注者等の協議によります。

※1:建築基準法施行令25条に該当する主に転落防止目的の手すりは適用外とします。

水平基本強度と各行為の荷重最大値

「基本強度」の100型・125型は、行為の発生場所と各行為の荷重最大値に対応させると、以下のように整理できます。

区分 水平荷重 設置場所 「避難行為」の荷重最大値
と行動(kgf/m)
「通常行為」の荷重最大値
と行動(kgf/m)
「危険行為」の荷重最大値
と行動(kgf/m)
N/mkgf/m
100型980100バルコニー
廊下
(階段前除く)
成人5人が正面に
衝突した時側面
方向に押す
90 成人3人が前向き
寄り掛かる
(26×3=78)
78 成人1人が揺らす 90
125型1225125階段※1
廊下
(階段前除く)
成人5人が正面に
衝突した時正面
方向に押す
125 成人3人が前向き
寄り掛かる
(26×3=78)
78 成人1人が走って
押す
110

※通常行為の行動は、手すり1m当たりに3人並ぶと想定し26kgf×3=78kgf/mとします。

手すりの国内における強度基準

BL、JASS13の他、日本金属工事業協同組合「手摺の安全に関する自主基準」があります。
これらの基準類における水平荷重強度と用途等は表の通りです。

水平荷重 ベターリビング(BL)
墜落防止手すり(2006)
日本建築学会JASS13
金属工事(1998)
日本金属工業協同組合
自主基準(2007)
N/mkgf/m
49550- グレード2
(グレード1=個人住宅等と
グレード3の中間)
-
73575- 個人住宅(廊下・バルコニー)
980100- グレード3
(集合住宅、事務所ビル等標準的建築物)
共同住宅の廊下・避難階段
1225125-
1450150廊下・バルコニー グレード4(グレード3と5の中間) 商業施設・公共施設の通路、
共同住宅共用部、学校
大規模オフィスビル避難通路等
1960200-グレード5
(公共性が高く、かつ大地震でも
機能を損なわない)
2950300廊下・バルコニー(共用廊下)
2950超300超-

この他に、JIS A6601に規定があります。しかし、上記のような破壊荷重の規定ではなく、
一定の水平荷重を加えたときの手すりのたわみ量で規定されているので、評価が異なります。